カジノで一番人気のトランプゲームのバカラ

バカラを日本語に訳すと破産という意味だそうです。

今回はカジノで大人気のバカラのルールを詳しく解説していきたいと思います。

 

バカラの基本ルール1

バカラは誰にでも簡単に覚える事ができるシンプルなゲームです。

ディーラーがトランプをP(プレイヤー)とB(バンカー)に各2枚か3枚ずつ配ります。

そして一桁目が9に近い方が勝ちという簡単なゲームです。

 

10~13のカードは0とカウントされます。

 

例えば上の画像だと

プレイヤーには、1+11+6 がディーラーに配られていますよね。

計算方法は、1+0+6 となるので、プレイヤーは合計7となります。

 

そして、バンカーには9+4 のカードが配られ、合計3となります。

 

このゲームはプレイヤーが7 バンカーが3 ということで、プレイヤーの勝ちとなります。

 

ディーラーとは

ブラックジャックも似たようなゲームなのですが、ディーラー対プレイヤーという訳ではないのでイカサマ(詐欺)などがないと考えられるゲームです。

ディーラーと対決するなら、毎回負けるとイカサマされていると思うかもしれないのですが、対決しないのならイカサマする必要がないですからね。

 

バカラでは、ディーラーの役目はただトランプを配っているだけということになります。

お客さんが、いくら賭けたかなんて何も関係ないので、シンプルなゲームルールといっていいと思います。

 

バカラの基本ルール2

専門用語

何にでも専門用語がありますので、これからバカラをプレイしてくなら覚えておきましょうね(^o^)

 

ヒット(HIT)

ディーラーがカードを配ることをヒットと呼びます

 

ステイ・スタンド

カードを配らないことをステイ・スタンドと呼びます

 

ナチュラル

最初に配られる2枚のトランプが「8」か「9」の時のことを言います。ナチュラルの状態になると、3枚目のカードを配ることはありません

 

ピクチャー

トランプの11~13までの絵が書いてあるカードの事をピクチャーと呼びます。

絵柄カードは「0」なので、プレイしている時に最初に配られるカードが「9」とか「8」のときにピクチャが来れば勝ちって思います♪

 

テレコ

バカラをプレイしていると、PとBが交互にくる時があります。この状態のことをテレコと呼びます。この状態が長く続くと予想しやすくなるので、勝てる確率が上がると思います♪

 

ドラゴン

連続して同じものが続いて出目表から横に行ったものをドラゴンと呼びます。時々このような状態があります。

 

ちなみに、ドラゴンの連続最高記録はギネスに登録されていて、最高は33回連続で出続けたようですww

プレイしている人ならわかると思うのですが、利益を取り戻そうと熱くなってしまうと、バカラの由来の破産になってしまいますので、注意が必要です。

 

タイ

プレイヤーとバンカーのカードの数が同じ状態のことをタイと呼びます。このときの賭け金は戻って来ます。

 

 

まとめ

バカラの基本ルールはいたってシンプルで分かりやすいのが人気の秘訣だと思います。

さらに、バカラは600年近く続くゲームでカジノができる前からゲームとして人気だったようです。

若い人でも年配の方でも簡単に遊ぶことが出来るバカラは、これからも人気であり続けることは間違いないですね♪

 

その証拠に管理人の私がハマってますからねww

 

では、最後まで見ていただいてありがとうございました(^o^)

オンラインカジノでプレイして、毎日の実績を紹介していますので、興味のある方はそちらも見ていってください。

バカラ攻略.com

今までにないような勝ち方をしているので、負けている方にはオススメです