DBACのORでは、プレイヤーかバンカーにずっと賭け続けるという方法で勝率を上げる仕組みになっています。

どんな台でも使える訳ではなく、台選びや流れが重要になってきます。

今回はORの設定方法や使い方、オススメの台選び方法を紹介していきたいと思います。

 

ORの設定方法

LOGIC:OR

通貨単位

ベース金額とポイントレートは 1:1 です。

画像のようにベース金額が200円の場合はポイントレートも200円です。

そうしないと、負けた時に取り戻すことが出来なくなるからです。

 

BETPATTERN

これは台によって変わるのですが、プレイヤーに賭ける場合は Player Only

バンカーに賭ける場合は Banker Only に設定してください。

 

ORの台の選び方

ORでは、片方にずっと賭け続けるので選んだ方が多く出ないと利益を出すことが出来ません。

未来は誰も分からないのですが、予測することで勝率を上げることが出来るので参考にしてください。

使用しているオンラインカジノはこちら⇒

PAIZA CASINO

 

この台は、まだ少しラウンド数が少ないのですがP(プレイヤー)が多く出ていますよね?

さらにB(バンカー)は2連までしか続いていません。

前半にP(プレイヤー)に偏りがあり、B(バンカー)の連続が少ない台を選ぶと利益がでる可能性が高いというわけです。

 

画像の台を賭けずに見ていたのですが、B(バンカー)が多くなりました。

説明の最初で、ラウンド数が少ないと説明したのを覚えていますか?

6段×4列を目安に選ぶと可能性が高くなると思います。

 

右側には、何回プレイヤーが出たのかなどの情報があります。

オススメの比率は 7:3 です。ですが、なかなか7:3の台を見つけることが出来ないので、6:4でもいいと思いますが勝率を上げるなら、7:3が出て来るのを待って下さい。

 

無駄な負けをなくすのも、利益を出すためには必要です。

 

こういった台はカナリ利益が出る台なので、オススメです!

比率も7:3以上の差がありますよね♪

 

ORの使い方

ORの使い方は簡単です。

前半に多く出ている出目に賭けていく方法なので、誰でも簡単に使うことが出来ますよね(^o^)

 

 

ORのルール・攻略方法

負けを少なくするためにルールを決める必要があります。

この方法はDBACの講師の方に教えて頂いた方法なので、オススメです。

 

いくら前半に偏りがあったとしても、後半に流れが変わる時があります。

この時に賭けていると負けてしまいますので、LOOK(様子見)をする必要があります。

 

賭けなければ負けることはないので、LOOKしてください。

 

例えばこの画像の台では、前半にバンカーが先行しているのですが後半はプレイヤーが多くなっています。

この時前半にバンカーが多いからといってバンカーに賭けていると負けてしまいます。

 

この時に使用するのがORのルールです。

 

これを使用することで、負けがカナリ少なくなるので使用して下さい。

 

そのルールとは、2目or 3目ルールです。

画像で説明すると

 

 

2回外れるとLOOK

3回外れるとLOOK

 

これが、負けを少なくするORのルールです。

 

2回と3回をどちらでするかは、台によって決めた方がいいと思います。

 

例えばこの台だと、プレイヤーが多いのですが、バンカーは多くて2連までしかないですよね?

この場合、2回でLOOKしていると利益が少なくなるので、3回でLOOK

 

過去に3連続以上バンカーが出ていれば、3回以上続く可能性があるので2回でLOOKです。

 

このようにLOOKを使い分けることで、勝率を上げることが可能になりますので参考にしてプレイしてください。

 

ですが、実践する前に必ずシミュレーションは必要です。

利益がでる可能性が高い台を選ぶことが勝率を上げる秘訣です(^o^)