DBACのロジックで基本中の基本と言われるのが、ORです。

勝てるからと言って軍資金に見合わないベット金額を設定すると、カナリの金額を失ってしまう可能性があるので必ず決められたルールに添ってORを使っていきましょう。

今回の記事では、ORの台の選び方や軍資金、負けを少なくする方法を紹介していきたいと思います。

 

ORのルール&軍資金とベット金額

ORでは、予想以上に外れる可能性があるので出来るだけベット金額を下げる必要があります。

 

基本の資金配分として

 

軍資金が3万円の場合 ベット金額は100円

勝ち逃げポイントは5Pとなるので 500円獲得すると台をでるようにしてください。

 

軍資金が5万円の場合 ベット金額 200円

勝ち逃げ金額 1000円

 

軍資金 10万円  ベット金額 300円

勝ち逃げ金額 1500円

 

軍資金 20万円 ベット金額 500円

勝ち逃げ金額 2500円

 

軍資金 50万円 ベット金額 1000円

勝ち逃げ金額 5000円

 

ORのルールとは、5P取ったら勝ち逃げすること!

5Pを一日に4回繰り返すだけで、20P獲得することが出来ます。

 

5万円の軍資金で、200円のベット金額だと

200円×20P=4000円

 

4000円を毎日獲得することが出来ると、月に約12万円増やすことが出来ます。

さらにそれを福利で回すことで、軍資金が上がっていきますので、同じ20Pを獲得することで

お金が増えるペースがどんどん早くなることになります。

 

一番注意することは、焦ることです。

一緒にDBACを始めた人が勝っているからといって、焦ってベット金額を上げたりすると軍資金が足りずに負ける可能性が大きくなるので、絶対に軍資金に見合った金額を賭けてください。

 

ORの台選び

ORでは、台選びが重要になってきます。

間違った方法で台を選んでしまうと、負ける可能性が大きくなるので注意してください。

 

ORでのオススメの台選びのポイント

1、プレイヤーが多い台を選ぶ

これは必ず守らないと利益を出すことは出来ません。

比率としては、7:3

ですが、7:3の台はなかなか見つけることが出来ないので、6:4でもOKです。

勝率を上げるのであれば、7:3の台が出て来るまで待って下さい。

 

バカラでは、勝つことよりも負けをいかに少なくすることが重要です。

 

管理人の私は、DBACの講師を務めている人に直接指導してもらったことがあって、その時の台選びのポイントは

 

・20ゲーム以上ゲームが終わっている

・P10 B5 ぐらいの台がオススメ

 

この2つを守ることで勝率をカナリ上げることが可能なのでオススメです。

 

ORで負けを少なく方法

ORで負けを少なくする方法は簡単で、LOOK(様子を見る)ことです。

 

その方法は、

2回外れるとLOOK or 3回外れるとLOOK

 

この2つを使い分けることで、負けを少なくすることが出来ます。

 

使い分ける方法ですが、

過去の出目を見て使い分けるといいです。

 

もしB(バンカー)が過去に2連続以上出ていないのであれば、3回外れるとLOOK

 

過去に3連続以上B(バンカー)が出ている場合は、2回外れるとLOOK

 

このルールを使用するこで負けを少なくすることが出来ますので試して見て下さい。